YUKI Nomura'sTagebuch

チェリスト野村友紀の日々あれこれ。

あっという間

先回の更新から1ヶ月経過してしまいましたが、、、

やっと暑さが落ち着きそうですね。今年の夏は本当に暑かった。世界的に気温がすごく高かったそうですね。この先どうなってしまうんでしょう、、、

 

9月は後半にコンサートがドドンと続きます。

まずは9/21(もう明日!)この度新しくリニューアルされた電気文化会館で。

f:id:vcyuki:20180913034022j:image

去年も一緒の舞台で演奏させて頂いた、元ウィーン交響楽団コンミスの、ビルギット・コラー氏と、ドニゼッティの二重協奏曲で共演させて頂きます。勿論指揮は尊敬する井上京さん。

彼女の音は去年初共演した私にヨーロッパを思い出させてくれて、本当に嬉しくて楽しかったので、今年もご一緒出来ること、心から嬉しく思っています。

他にも、名フィルの矢口さんとのモーツァルト二台のヴァイオリンの為のコンチェルトや、

私の勤務する菊里高校や愛知県芸大の学生達と一緒に演奏する曲もあり、盛り沢山。

昨年私が受けた感動と同じように、生徒の心にも、何か響いてくれますように。

 

 

 

そして、続いては9/30。

f:id:vcyuki:20180913034614j:image

よく共演させていただいております、ピアニスト五島史誉さんのリサイタルに、ヴァイオリニスト山﨑えりかさんと出演します。

曲はシューベルトのピアノトリオ第2番 変ホ長調

シューベルトは明るいけれども内に秘めた暗さがあり、私には表現が難しいと思っていましたが、私も歳を取ったのでしょうか、6月のアルペジオーネソナタといい、ここの所ご縁があり、大好きな作曲家になりました。

しかしシューベルトって、地味にとても音が取りにくい。とても難しい、、、

もちろん、五島さんのリサイタルですので、前半は彼女の力強いソロがあります。それも楽しみ。

 

お越し下さる方は、どうぞお楽しみに!

 

 

 

さて、題名について。

実は先日、イタリアに行っておりました。

小さな小さな港町で、音楽祭が行われ、私は受講生として、参加してきました。

f:id:vcyuki:20180913084954j:image11、12世紀に海賊からの侵入を防ぐ為の要塞がそのまま街になった、こんな街です。人口1000人ほどで、とても小さい。

日本に帰国して早5年、こんなに自分の為のみの時間は初めてで、とても刺激的で、感動的で、ただただ音楽の事に集中できた幸せな期間でした。

はじめの5日間は毎日日替わりで教授陣の演奏会

そしてその後からはそれぞれの楽器からの選抜の生徒の演奏会。(Vn、Vla、Vc、Vo、Pf)。

 

後進に教えさせてもらう立場になってから、こういった講習会に参加したのは勿論初めてで、

期間中は楽器を問わず時間があればレッスンを聴講しまくり、本当に色々なことを考えました。気付かないうちに「あ、これ私のレッスンにも取り入れよう」とか、「この生徒はあの生徒と少し似ている気がするから、こう言えば良いのか」など、自分の聴講の仕方がいつの間にか変わっていたのも自分でびっくり。

何より嬉しかったのは、先生と連日お昼ご飯をご一緒して、レッスンにおいての聞きたいことを個人的にも聞けたこと。勿論レッスンでは生徒としてですが、先生としての同じ立場としても、色々話せて嬉しかった。自分の事で頭がいっぱいだった学生の頃だったらこうはいかなかったでしょう。

私はこう言った、外国の、年齢や立場に拘りすぎない柔軟な人との接し方がとても好きです。

 

畏れ多くも生徒のコンサートには二回も出させて頂いて、日本ではあり得ない環境下で弾かせてもらって本当に感謝。自分の新たな問題や、昔からまだ残っている課題など、沢山浮き彫りになりました。

f:id:vcyuki:20180916222042j:image

コンサート会場が街の中の教会。

こんな所で演奏できて幸せでした。

 

また、参加者の中で私だけが学校を卒業して何年も経つ年長者かと思いきや、同じ学校で勉強していて、しかも同じ劇場で働いていたドイツ人のEvaや、これまたもう一つの劇場で同僚だったJulienもいてびっくり。教授陣にもカールスルーエで教授をされていたヴァイオリンのUlf Hoelscher氏もいらっしゃったり、ちょっとしたカールスルーエ同窓会になり、とても懐かしくて嬉しい時間を過ごすことが出来ました。

 

特にヴァイオリニストのEvaとは、二人で1つのアパートをシェアし、毎日遅くまで語りました。学生の頃だったら話せなかった事や、考え方の変化、環境の変化など、この期間でドイツ語が大分戻ったかしら、、、、彼女のお陰で充実していました。いてくれて本当に良かった。

f:id:vcyuki:20180916222717j:image

 

f:id:vcyuki:20180916222230j:image

レッスンのあった、Palazzo(宮殿)と言う名の会場


f:id:vcyuki:20180916174715j:image

住んでいた家から見えるオーシャンビュー。

ひたすらの水平線。


f:id:vcyuki:20180916222444j:image

街の中心地の教会。こんなに小さな港町にこんな立派な教会があり、不自然な程。

 

 

随分と充電出来た気がします。

レッスンでも自分でも試してみたい事が沢山。頭を整理して、これからも精一杯頑張ります!!!