YUKI Nomura'sTagebuch

チェリスト野村友紀の日々あれこれ。

Kulisse × Initium

殆ど名古屋に居ない今年の夏。

それでもお盆休みはしっかり取って、

昨日から2度目の関東入りです。

昨年、東京と名古屋、2公演で好評いただきましたアンサンブル・クリッセ、今年は「歌」とのコラボです。

Vocalensemble Initiumという小編成の合唱団と、シェーンベルクの「三つの風刺」、エシェンヴァルズの「楽園にて」などを演奏します。

シェーンベルクは、我々クリッセの3人(ピアノ、ヴィオラ、チェロ)が第3曲に登場。12音技法の無調音楽ですが、ふとした瞬間浮かび上がる不思議な響きがあります。楽譜を読みこむのはとても苦労しますが、合唱と合わせてみるとストンと腑に落ちる箇所も。そして歌詞と併せて聴くと、もう本っ当に風刺。

新しい音楽をしようとして、音楽界から批判されたシェーンベルクの、世間に対するいじけと皮肉が良く出ています(笑)。

 

エシェンヴァルズは、チェロとヴィオラ、そして合唱の曲。

エシェンヴァルズという作曲家が、亡き祖母の為に書いた曲。

これは配置が変わっていて、とにかくチェロが目立ちます。おそらく二曲とも日本初演かと。

他にも合唱のみの曲、我々トリオのみの曲もあります。聞き応えは抜群です。

普段お聴き頂けない組み合わせで、普段演奏しない曲を演奏します。

チケットまだ前売りございます

ensemble.kulisse@gmail.com まで。

お聴き逃し無く!

f:id:vcyuki:20180817142554j:image

Tonal oder Atonal?(有調、それとも無調?)

8/19(日)浦安音楽ホール

14:30開演