YUKI Nomura'sTagebuch

チェリスト野村友紀の日々あれこれ。

7/8(日)はしらかわホールへ!

f:id:vcyuki:20180612004228j:image

 

はじめに。

6/3のスタジオハルでのオールシューベルトプログラムでのコンサート、無事に終わりました。

 

シューベルティアーデという、シューベルトが生きていた頃、実際に彼の音楽友達などで定期的に開催されていた小さな会。

この名を借りて、ピアニスト五島史誉さんを中心に開催される会も、今回で20回を迎えられました。

今回のアルペジオーネソナタ、私にとっては挑戦でした。勝手に苦手意識を持っていたので。

でもその分、時間をしっかりかけて、本番も丁寧に音を紡ぐ事が出来たかなと思います。

シューベルトの歌曲も弾かせていただきましたが、チェロの音って、人間の声に近いので、リートの曲が合っているんです。今回改めて感じました。

 

私が参加させて頂いたのは、ここ2、3年前からの、3、4回ですが

この会に来るお客様は皆様暖かくて、見守ってくださる感じがして、私はこの雰囲気が大好きでした。

もちろん、スタジオハルさんの天井の高い、弾いていて気持ちのいい響きのホールがあってこそです。

声をかけて下さった五島さん、そして

いつも応援してくださる方々に感謝。

 

 

 

さて。表紙の写真です。

とうとう一ヶ月切りました。

ショスタコーヴィチのチェロコンチェルト第1番。

 

ソリストで出演させて頂きます。

 

まさか、まさかこの曲をオーケストラと一緒に弾けると思っていませんでした。

 

と言うより、この曲、憧れは持っていたものの、勉強する機会がこれまでありませんでした。

この曲の楽譜を手にした時の事、鮮明に覚えています。

 

ドイツに留学した2005年秋

まだ学校も始まっておらず、する事も無いので、小さな街、カールスルーエを散策していた私。

小さな街なので、必要なものは街の中心部にギュッと詰まっていて、お買い物街のkaiserstraße(カイザー通り)の中に楽譜屋さんがあるのを発見。

入ると小さいお店ながらも、楽譜やCDは掘り出し物があったりして楽しいのです。

そしてそこで買ったドイツ第1号の楽譜が、

この、ショスタコーヴィチの第1番

と、

オーケストラスタディの楽譜。

 

オーケストラスタディとは、オーケストラの入団オーディションの為、出題される曲の課題ばかりを集めた本で、ドイツでは必須の本です。

 

ソロ極まりないこのコンチェルトと

オケに入るための教本。

なんだかとても対照的ですが、そんな事も考えず、あ、買っておこう、この曲いつか弾きたいなぁ、位の気持ちで手にしたのでした。

 

 

そして学校でのレッスンが始まると、

先生は鬼教官、

まさか私がこんなヴィルトゥオーゾのコンチェルトなんてやるとも言い出せず、

基礎からの訓練に明け暮れ、この楽譜は本棚にそっと仕舞われた訳です。

 

と言うわけで、楽譜は持っていたけれど、新品のまま10年以上の時が過ぎ、

そして今、私がこの曲をオーケストラと演奏するという。感慨深いです。

 

前置きが長くなってしまいましたが、

 

ショスタコーヴィチは元々好きな作曲家で

室内楽でも、チェロソナタでも良く演奏していますが、

このコンチェルトも不思議なほどスッと身体に入ってきました。

技巧的で難しい箇所が多数あるものの、

音楽の流れや音の作りは、私は全く違和感を感じません。

 

先週末、共演させて頂く、アンサンブルコレーグさんと初合わせだったのですが

楽しくて楽しくて、時間を忘れてしまいました。

 

ロシアを代表する作曲家、ショスタコーヴィチが、偉大なるチェリストロストロポーヴィチに献呈したこの曲。

 

これから本番まで、どこまで詰められるか。

有難い事に頂いたこの機会、

感謝を込めて演奏したいと思います。

 

皆様、7/8(日)は是非、名古屋伏見のしらかわホールへ!

 

アンサンブル・コレーグ第28回定期演奏会

 

2018年7月8日(日)

13:30開場 14:00開演

名古屋伏見 しらかわホール

前売り券1000円 当日券1500円

 

D.ショスタコーヴィチ チェロ協奏曲第1番

変ホ長調 作品107 

チェロ独奏 野村友紀

L.v.ベートーヴェン  交響曲「英雄」

変ホ長調 作品55

 

f:id:vcyuki:20180613151749j:image