YUKI Nomura'sTagebuch

チェリスト野村友紀の日々あれこれ。

GW

あっという間に5月。

GWも終わってしまいますね、、悲しい。

 

私はGWの初め、博多でオーケストラ「紬」さんのエキストラで参加させて頂き、

4日はびわ湖ホールで開催された「近江の春」音楽祭でのリレーコンサート、京都の恩師の演奏を聴きに行き、

それ以外はレッスンと自分の練習に時間をかける事の出来た、充実した一週間でした!

 

 

博多では、レベルの高いアマチュアの方々と、音楽を通じてこんなに素直に会話が出来るんだと、なんというか、音楽の本質を見られた気分で、本当にリフレッシュした気分になりました。

そして、もう、全てが美味しかった。食べてばかりいました。

 

 

琵琶湖では強風でしたが爽やかな外で昼食を食べ

恩師の演奏、何年ぶりかのソロを聴いてとても懐かしい気持ちになり

舞台裏にご挨拶に行くと「全然変わらないねーー!!」と言われウキウキ

その後、昔の生徒さんに会いに京都へ向かい、

帰りは美味しいご飯をご馳走になった、大満足の一日でした。

 

恩師とは出逢って20年近く。お互い歳は取ったと思いますが、私にとっても先生は全く変わらず。

でも人生時間をかけた分、やはり音に出るんだなぁと改めて思いました。

私も歳を重ねる毎に音が変わっていっているだろうか。私なりの音、皆様に伝えられたら嬉しいですが、まだまだ修行ですね。

 

さて、前回もお知らせしましたが

毎月のようにコンサートが。

まずは5/16 スタジオハルにて

弦楽四重奏の演奏会です

f:id:vcyuki:20180506115037j:image

前年度で愛知県芸を退官された百武先生。

私の大好きで憧れの女性。ご一緒させて頂きます。さすが、先生の選曲だけあって難度が高いですが、、頑張ります。

 

6/3、これもスタジオハルで

シューベルティアーデ 20回記念演奏会です。

f:id:vcyuki:20180506115728j:image

これまでにも何度か出演させて頂いているシューベルティアーデ。

ピアニスト五島史誉さんの会で、ベートーヴェンシリーズ、チェロソナタを弾かせていただいておりますが、今回はめでたく20回記念!とい言う事で 、オールシューベルトを。

もちろん、、、アルペジオーネです。

私、今回初めてアルペジオーネと向き合いました。

何故なら、、、これはチェロが弾ける曲ではない!と思っていたから。

曲自体は大好きです。華やかですが憂いがあって。でも私なぞが弾けるとは思っていませんでした。

なのでこれは挑戦。頑張っていますので是非お越し下さいませ。

 

そして、、7月にはドカンときます。

これは私にとって大!!挑戦。

またここでお知らせさせて頂きますね。

 

チェロが弾けるって、幸せ。

その上、弾かせていただける場があって、本当に、幸せ。

頑張ります。