YUKI Nomura'sTagebuch

チェリスト野村友紀の日々あれこれ。

9月の予定が終了!!

やっとこの2、3日で、日中でも秋を感じられるようになりました。

 

この1ヶ月はいつになくバタバタ、本番続きでした。

 

大好きな響きのスタジオハルさんでのシューベルティアーデ、いつもここで弾くと、自分が数段上手くなったような錯覚に陥りますが(笑)

ベートーヴェンをもう一度きちんと勉強出来て嬉しい。

f:id:vcyuki:20171001003215j:image

共演の、五島さん、山﨑さん、有難うございました!ベートーヴェンシリーズ、あと一回?宜しくお願い致します。

 

そしてウィーン交響楽団の元コンミスのビルギットとフルートのアルベルトと、そして名フィルの皆さんとの小編成の室内合奏の演奏会。
私は彼らとMozartのフルートカルテットを一緒に演奏したり、シュトラウスのワルツを演奏したり。。。
そこには間違いなく、おしゃれな、良い香りさえしてきそうな、ウィーンの音楽がありました。
なかなか、こういう響きにはなりません。ドイツに居てもこの空気感は中々味わえるものではないと思います。
本当に、楽しかった!この一言。ビルギットに、「あなたと演奏していると楽しい!良い音ね」と言われて嬉しくて嬉しくて。終わってほしくないと思った本番。
今回はこのコンサートの前日にも、教会でのチャリティーコンサートもさせていただきました。
聞いて下さる方々の顔を見ていると、ああ、音楽をしていて良かったなぁと心から思えるものでした。

f:id:vcyuki:20171001230532j:image


その二日後、第19回ミッドランド音楽祭で、ドボコン全楽章を。
今回はピアノ伴奏で。田中ゆりあさんにピアノをお願いしました。
ピアノ伴奏といえども、70人近くのオーケストラをピアノ一台で演奏しなければならないという大変さ。
本当に、お世話になりました。彼女との音合わせの時から、彼女の表現する音がピアノだけの音じゃなくて、彼女からの音の問いかけに、私はどうやって返そうか、それを考えるだけでワクワクするものでした。
人々が行き交う場所で、全楽章40分もの大曲、どうなることかと思いましたが、お客様は本当に静かに聞いてくださって、感激しました。貴重な体験、とても有難かったです。

f:id:vcyuki:20171001230655j:image

週が明けて9月最終週は、名古屋二期会の、「椿姫」のオペラにオーケストラで参加させていただきました。
私はドイツ時代、オペラ劇場付きのオーケストラに所属した時期が長かった事もあり、オペラが大好きです。日本でオペラがあると、なるべく弾きたい!と思っていますが、なかなか予定が合わなかったりで、今回は帰国してからやっと3回目のオペラ。
特に椿姫は、ドイツで何回も弾いていたので、思い入れがありました。しかも今回はアルフレッド役が、夏に共演したテノール歌手!彼は普段はドイツの歌劇場で歌っていますが、今回こちらにゲストで出演、私は何だか身内が歌っているようで、ドキドキ、ワクワクでした。
予想通り彼の歌声は素晴らしく、彼の声を聴いているとドイツを思い出し、しかも、演出で札束(もちろん偽物ですが)をばら撒くシーンがあった時に、私が居たドイツの劇場でもそれをしていたので、なんだか、その時と映像が重なって、フラッシュバック!?したのでした。懐かしいなぁ。



長くなりましたが、9月の演奏会、すべて終了!お越し下さいました皆様、本当にありがとうございました。
10月は、愛知県立芸術大学定期演奏会で、学生たちと一緒に、チェロアンサンブルで出演します。
私にとってはとても思い入れのある曲なので、とても楽しみ。生徒のソロもあります。頑張っている生徒を是非見て頂きたいです。

愛知県芸定期演奏会はしらかわホールにて、10/24、25。
たここにご案内いたします!