YUKI Nomura'sTagebuch

チェリスト野村友紀の日々あれこれ。

ショスタコ祭り&マスタークラス

12月に入ってから、息つく暇もなく今日。

あと今年も半月しかない、、って毎年思っている気がしますが。

先週末は、名古屋外大にて、ショスタコーヴィッチのシンポジウム&コンサートに参加させていただきました。

ショスタコーヴィッチ生誕110年という事で、題して「甦るショスタコーヴィッチ」。パネリストを招いて、ショスタコについてのお話を分かりやすく議論する、という試み。

初め、このピンポイント過ぎる題に、集客が心配でしたが、蓋を開けてみれば、大盛況。

皆さんが興味を持ってくださった事に感謝です。

私は、シンポジウム後のコンサートに出演させて頂いたのですが、音大ではないので、広い会場と言うと、皆がお昼などを食べるホールしか無い、と言う事で、コミュニケーションセンターなる広場で、チェロソナタを演奏させていただきました。

ただここが、本来コンサートすることのない会場、びっくりする程響かない場所でして、、リハーサルをした時にあまりの響きの無さに冷や汗でしたが、お客様が入ったらもっと響きが無くなる事は確実、、、?

開き直って、本番はピアニストとの対話を楽しみました。

 

終わったあと、「あの様な曲なので、チェロの生の音が聞こえて、弓の返し、息遣いなどが見えてかえって良かった」などと言ってくださる方々も見えて、あぁ、弾けてよかったなと思いました。

この機会を与えて下さった、カラマーゾフの兄弟でお馴染み、亀山先生に感謝。

f:id:vcyuki:20161216011430j:image

 

 

そして次の予定。

ベルリンより来日のあのスーパーチェリストが、名古屋に来てくれて、しかもマスタークラス、コンサートしてくれたんです!!

私の生徒達がレッスンを受け、私は通訳。

通訳なんかする必要無く、彼は常に弾いて分かりやすく示してくれたので、私は生徒のようにかぶりつきで聴講しました。

その後のコンサートも、刺激的で彼らしく素敵。

 

彼はドイツの頂点にいるのだけど、なんだか本当に気さくで、会ってすぐに、「何で君は敬語を使うの?普通に話そうよ」(ドイツ語には敬語と常語、ハッキリした使い分けがあります)と言ってくれて、指導者側からの私の生徒への意見や、私の質問に熱心に答えてくれたり。

あぁ本当にすごい人って、威張らないんだなぁ、と改めて思いました。

f:id:vcyuki:20161216012050j:image

 

こんな機会を与えてくださった恩人に感謝。

私って本当に恵まれています。有難いなぁ。この気持ち忘れずにいよう。