YUKI Nomura'sTagebuch

チェリスト野村友紀の日々あれこれ。

もう12月

私は不器用なので、用事を同時に次々とこなすことが出来ず、いつも自分の首を締めてしまいます。そうこうしているうちにもう師走も半ば😓

学生がレッスンに来ると、2時間コース。しかも全力。1日に3人(6時間)教えたら、もうその日はぐったりで使い物になりません。

でも私から何かを学び取ってくれようとする姿は裏切れません。と同時に、私も彼らから色々学べるし、自分を客観的に見つめ直す事も出来るので、この時間は重要。

 

先日、生徒が大きなコンクールで、優勝を勝ち取りました。彼女がとても努力して来たことを知っていて、彼女と一緒に色々考えながら音楽を作って来た私としては、本当に感慨深い。横浜まで応援にかけつけましたが、その場に立ち会えて本当に幸せでした。

これからの長い人生、努力が報われることばかりではありませんが、この優勝をバネにして、ビヨーンと伸びていってほしい。

私が関われるのは生徒たちの人生の中のほんの短い間ですが、成長、青春時代の重要な時間。

責任を感じるとともにとてもやり甲斐と幸せを感じます。

 

私も生徒達に負けないように自分の演奏を頑張らなくては。

まずは明日、ショスタコーヴィチの生誕110年シンポジウムにて。チェロソナタを演奏して来ます!

そして年明けにもオールベートーヴェン

休む暇はありません。突っ走るぞ。

 

写真はちょっとした空き時間に生徒の成功を祈願しに行った覚王山日泰寺。とっても良いお天気でした。f:id:vcyuki:20161210232920j:image

母校で演奏

先日、母校の高校で演奏をしてきました!!

 

私は名古屋市内の普通高校出身なのですが、

高校のある名古屋市瑞穂区が、街角コンサートというものを企画しており、

今回、母校の先輩である杉原千畝氏の記念碑の式典との共同企画で、式典での演奏、そしてコンサートとなったのでした。

愛知県長さんや名古屋市長、沢山のテレビカメラが居てびっくり😆

 

高校を卒業してから十数年。

毎日通ったあの時の記憶は鮮明で、門をくぐる度に甘酸っぱい思い出が蘇ります。

 

今回は私がいわゆる演奏家になって初めての母校での演奏で、なんだか感慨深く、私のコンサートには必ず足を運んでくださる音楽の先生や、生物の先生ももちろんその場にいて下さり、まるで当時にタイムスリップしたようなひと時。

 

とにっかく自由な学校だったので、色んな方面に進む生徒がおり、美術や音楽関係もちょこちょこ?選択肢が沢山あり、自分で道を決める。生徒を信頼しているということですよね、素晴らしい。私はこの高校が大好きでした。高校の時の友達も職種が多様で、私にいつも刺激をくれます。

 

今回は信頼できるメンバーとのカルテット(平光真彌さん、鳥居愛子さん、新谷歌さん、そして野村友紀)での出演で、本格的なクラシックだけど、どこか聴いたことのあるメロディの曲を集めた1時間のコンサート。とても良い雰囲気のお客様で静かに聴いて頂きました!また機会があるといいなぁ😊

f:id:vcyuki:20161107233959j:image

幸せって

人それぞれだと思いますが

 

音楽家で

音楽を勉強しないで、それを生業に出来ている人も居ないし

その楽器を愛さずに、弾いている人なんて居ないし

ましてや音楽が嫌いで、続けている人なんて居ないし。

 

と思うと、やりたい事を勉強してきて、それで生活させてもらえているなんて、なんて幸せなんでしょうか。

 

普通企業に勤めている方は

沢山勉強して大学に入り、自分の学んだ分野関係なく就職される方も多いはず。

そしてやっと就いたお仕事に満足出来ていれば良いのですが、中々、思う通りにはいかないだろうし、大変だと思います。

 

 

我々、いわば専門職は

大学、早ければ高校からその道と真正面から向き合い、紆余曲折はあろうとも、勉強したその分野(楽器以外にも、音楽学や色々あります)で生きている訳です。もちろん、在学中に他の道を見つけ、成功している友もいますが。

 

好きだけじゃやっていけませんが、根底には、音楽が好き!という共通の気持ちがあります。

音楽が嫌いな演奏家が居たとして、例え聴いても、楽しくないしね。

ただ、自由業なので、いつも生活に不安は感じていないといけませんが(笑)

 

言いたい事は

好きな事をさせてもらって

演奏を聴いてもらえて

私の音楽を理解してくれる人がいてくれたら

本当に幸せ。

 

今日は朝から

カルテット練習

大学でレッスン

これからまた違うカルテットの練習

です。

 

教えている時も頭をフル回転させなければいけないので、とても勉強になるけど、私は

チェロを弾いている時が一番楽しい。

これだけ一日中だと頭も身体も疲れますが、この疲労感は心地良くて好き。

 

f:id:vcyuki:20161028170936j:image

 

三昧。

秋といえば

私の場合は特に、食欲!!ですが

美味しいものは毎日頂いているとして。

言うまでも無く、芸術の秋!

 

今年は、時間さえあれば、演奏会に出向く事にしています。

 

昔と今とでは、誰かの演奏会に行って、聴くと言う事の意味が変わったかも。

昔は、チェロや弦楽器ばかりの演奏会に行き、「憧れ」を持ったり、とか「焦燥感」に駆られた事もありましたが(笑)今は、どの楽器でも、曲に対しての理解の仕方、取り組み方を感じたりとか、その考えに共感したりして、その時間を楽しみます。

 

私にとっては到底雲の上の演奏者だったとしても、少しでも自分にインプット出来る事があるのではないかと思ったり。

 

その人のパフォーマンスは、その人の人生が出ると私は思っています。他人の演奏を聴くだけで人生経験が広くなるとは言えませんが、見解を広めるのは、本当に大事な事。

 

日本の若い子は、自分の練習ばかりで、あまり他人の演奏会に行かないイメージ。

私も、演奏する事や教える事、いわゆる、アウトプットが多く、インプットが少なくなっている事に気付いたのです。アブナイアブナイ。

 

 

と、前置きが長くなってしまいましたが、

名古屋のクラシックの中心、宗次ホールと電気文化会館に結構通っています。

 

まず宗次ホールのカルテットコンクール、

私の生徒が出ていたと言う事もありますが、この試みは本当に興味深い。

ただコンクールをするだけでは無く、コンクールの前二日間、審査員の先生方がエントリーしているグループにレッスンするというものなんです。しかもそのレッスンが舞台上の時は、誰でも出入り自由な、公開レッスン。そしてその先生方が素晴らしかった。

私も学校のレッスンの合間などにスコアを持ってホールに通い、本当に沢山勉強させて頂きました。

 

そしてスイーツタイムコンサートや、この秋の目玉、フォーレカルテット、電文での小菅優さん、そして原田先生の出演されている弦カルテット。お財布は寂しくなりますが、とても幸せです。

 

フォーレカルテットは、私がドイツ時代にマスタークラスを受けていたピアノカルテットで、同じ学校出身、そしてチェロの人は私の兄弟子。

そしてなんと、同じ作者のドイツ製の楽器を使っています。あんな素晴らしい演奏が出来る人と同じ楽器!あのカルテットが身近に居た幸せ!を思うだけで、贅沢だったなぁと。

彼らの演奏会、東京ではいつも売り切れですが、まだ名古屋では知名度が低いのでしょうか。2年前よりかは埋まっていましたが、聴かないのは本当に損!!!

初めの一音から最後の響きまで全てが生きていて、感動しっ放しでした。

 

帰りに少し話して、ちゃっかり写真も。

f:id:vcyuki:20161017212841j:image

素敵な夜でした。

この余韻で1ヶ月幸せだね〜、と、一緒に行った夫と、ワインを一杯飲んで帰りました。

 

聴く方のコンサートラッシュは少し収まりましたが、これから自分の事で忙しくなる予感。「早めに譜読みを。」これモットーにしてますが中々実行出来ません。でもやらねば。

 

未来の音楽家と。

先日、指導に携わらせて頂いている高校の定期演奏会でした。

私の生徒がソロで出演するのを見守ったり

生徒と一緒に室内楽を弾いたり

全員が乗っているオーケストラに参加したり。

 

私には子どもがいないけれど、

こうやって生徒の晴れ姿を見ていると、親御さんの気持ちが痛いほど分かります。舞台の緊張は客席にも伝わりますから。

と同時に、生徒達のひたむきな姿に胸が熱くなり、生徒から大切なことを教えてもらえて有り難い気持ちになります。

 

彼らは本当に音楽が好きで、希望を持って毎日学んでいます。

好きだけじゃ、どうにもならないと思われるかもしれないけど、まずはそこ。

私、音楽家というこんな不安定な職業ですが、天職だと思ってます。だって、チェロの音が最高に好きだから。良い音楽が大好きだから。

周りに大好きな尊敬できる音楽家が沢山いるから。

 

これからの人生、辛いこと悲しいこと、もちろん楽しい事もたくさんあります。この世界に足を踏み入れたからには、辛い事の方が多いかも?

しかし、未来ある彼らには、今しかないこの時期にいっぱい経験を積んで、自らの意思で、悔いのない人生を歩んで欲しい。今そのお手伝いが少しでも出来たら、と思うのです。

 f:id:vcyuki:20161012004050j:image

ブログ開設!

空が遠くなり、吹く風がからりとして、急に秋が来たという感じ。

やっと、重い腰を上げて、ブログを始めようと思います。

日々時間に追われる生活の中で、ふとした事に気づける余裕を持ちたいなという願いから。

 

初めてこのブログを見て下さった方に簡単自己紹介を。

私は、名古屋中心に活動をしているチェリストです。演奏活動の他、高校や大学で、後進の指導にもあたっています。

 

 コンサート情報などもあげていくので、どうぞよろしくお願いします!f:id:vcyuki:20161009110956j:image